ラーメン豆知識C

代表的なご当地ラーメン

旭川ラーメン(北海道)
麺は細めの縮れ麺で加水率が低いためスープによく絡むがその反面、麺が伸びやすいのが弱点。寒冷地なのでラーメンの熱が逃げないように脂で蓋をするような意味を含め高温の焦がしたラードをスープに使用する。豚骨と鯵の煮干など海産物から採る濃厚スープで醤油ダレが特徴

札幌ラーメン(北海道)
札幌ラーメンの代名詞である味噌ラーメン。ラードをたっぷり使った濃厚な味噌が特徴。豚骨ベースのコクのあるスープ、カンスイの効いた黄色くてコシのある太い縮れ麺、強いニンニク風味で他の地方と比べるとやや塩辛さが強い

函館ラーメン(北海道)
一貫して昔から塩味スープが主流で函館でラーメンと言えば塩ラーメンのことを指す。弱火で長く炊き込んだ透き通るように透明で薄味の豚骨がベースとなっており、そこに塩で軽く味付けする。麺は細ストレート麺が多い

米沢ラーメン(山形県)
スープは喜多方ラーメンと似ており、煮干し、豚骨、鶏ガラ等をベースにした淡泊な醤油味。麺は縮れ麺では珍しく細麺であるのが特徴。麺を干してから更に手揉みで拵えるので縮れている

喜多方ラーメン(福島県)
福島県喜多方市周辺で作られるラーメン。スープは豚骨のベースと煮干しをブレンドしたもので強い醤油味。麺は太めの平打ち縮れ麺でコシが強い

白河ラーメン(福島県)
鶏ガラや豚ガラを中心にした醤油ベースのスープだが喜多方ラーメンと比較すると醤油味が濃厚。麺を包丁で切った後に手で揉む。具は鳴門巻きやメンマなどのほかにチャーシューを使い縁を食紅で赤く染めるのが特徴

富山ブラック(富山県)
醤油をベースにした墨汁のように黒いスープが語源。麺は固めの太麺で薬味として黒胡椒が振り掛けられている

佐野ラーメン(栃木県)
スープは鶏ガラ、香味野菜をベースにしており、青竹を使って打った麺が特徴で加水率が高く中太の縮れ麺が一般的。透き通った醤油スープで味は淡泊

東京ラーメン(東京都)
透明な鶏ガラスープに鰹出汁を加えたやや濃いめの醤油味に細めの縮れ麺で具は至ってシンプル。スープは煮干や昆布など海産物系が使われ透明感のあるスープが特徴

京都ラーメン(京都府)
細めのストレート角麺が多く柔らかめに茹で具材に焼豚、九条葱、もやし等を使用する。スープは豚骨豚肉をベースにした色目の相当に濃い溜まり醤油味の清湯スープや鶏ガラや野菜をドロドロになるまで煮込んで作られた白濁スープなどがあり、いずれにしてもスープの味付けは濃厚

和歌山ラーメン(和歌山県)
具材にかまぼこが乗るのが特徴で麺は柔らかめに茹でた細めのストレート。地元では中華そばと呼ばれる。スープは透明な「車庫前系」と濁った「井出系」の二種類あるがと現在はこの呼称を使う事は少なくなっている

尾道ラーメン(広島県)
色濃い醤油スープに豚の背油が浮かんでいるのが特徴。本来は鶏ガラ、豚骨ベースの醤油味で透明で淡白だが近年はこれに加え小魚系の素材をスープに加える店が多い

徳島ラーメン(徳島県)
豚骨醤油スープで味付けは甘辛くスキヤキ風ラーメン。数種類のスープが普及しているが一般的に有名なのは豚骨ベースの甘辛いスープ

博多ラーメン(福岡市)
さらっとした豚骨白湯スープが多く味は比較的淡泊。発祥時は平麺が多かったが現在ではストレート極細麺が主流。好みで白ゴマ、辛子高菜、紅生姜、にんにくをトッピングする

長浜ラーメン(福岡県)
博多ラーメンとの違いは少ないが敢えてあげるとすれ醤油ダレが入るためスープが淡い茶色で極細麺を使用する店が多い。福岡では今でも博多ラーメンと長浜ラーメンは別物であるという意識が根強い

熊本ラーメン(熊本県)
白く濁った豚骨スープだが鶏ガラも使われ麺は中太で固めに茹でられる。一般的な具は煮卵、チャーシュー、キクラゲなどで辛子高菜や紅生姜は使用されない。揚げたニンニクの香りをごま油やラード等に移したものや揚げニンニクチップが乗せるのが特徴

沖縄そば(沖縄県)
一般的にはラーメンとは見なされないが本土のラーメンと同じルーツを持つ料理として沖縄そばがある。沖縄方言では『そば』を『すば』と発音する。蕎麦粉は使わず強力粉や中力粉をかんすいまたは木灰汁を使って打った麺を豚骨と鰹ダシで採ったスープで食べる


名店極美味ご当地ラーメンお試しセット12食


ベストセラー&天国リンク

らーめん天国トップn
- mono space -